胃カメラ /
内視鏡

胃カメラで病気を早期発見し元気に長生きし、快適な生活を送りましょう。

胃カメラとは

Endoscope

口から食道、胃、腸を通って肛門までつながってる、食物の消化や吸収を行っている通路を消化管といいます。この消化管の病気を調べたり、病気を治療するのに欠かせないのが内視鏡です。内視鏡は、お腹の中をリアルタイムに直接観察することが可能なため検査精度が高く、食道や胃、大腸の検査方法として広く普及しています。内視鏡は、体内を観察するビデオスコープと内視鏡がとらえた画像を表示、記録したり、光や空気、水を送ったりするためのビデオシステム本体からなります。ビデオスコープは、内視鏡先端を操作する部分と体内に挿入する部分があります。挿入部の先端は手元の操作で自在に曲げられ超小型CCDカメラにより体内の隅々まで観察することができます。また操作部から通した処置具を内視鏡先端から出し、異物の摘出、検査のための組織採取、ポリープの切除など様々な処置を行うことができます。ビデオスコープの先端には、超小型CCDカメラの他、レンズに付着した汚れを洗い流すための水や空気を出すノズルや、暗い体内を明るく照らすライトガイド、処置部を出す鉗子口が組み込まれています。最先端の内視鏡は、直径わずか1cmにも満たない細さの中にこれだけの機能が凝縮されています。

内視鏡検査の流れ

check

検査前日の注意事項

夕食は軽めにしていただき、検査開始時刻の12時間前までにすませて下さい。それ以降の飲食はしないようにして下さい。飲み水は大丈夫です。早めの終身を心がけて下さい。

check

検査当日

食事、水などを除くジュースなどの飲み物、たばこ、薬などはすべて禁止となります。
常備薬を服用されている方は、事前に医師に相談して下さい。
クリニックについたら荷物・上着などは所定の場所へ。
前処置室で義歯やコルセット、時計・メガネ等は外して下さい。口紅も取って下さい。

check

検査前

胃の中をきれいにする白い液体の薬・消泡剤を飲みます。鼻の通りをよくする薬・血管収縮剤を両方の鼻腔に噴霧します。数回に分けて鼻腔に麻酔をします。麻酔には鼻腔に噴霧する方法、鼻腔に注入する方法、柔らかいチューブに塗って挿入する方法などがあります。麻酔の方法や回数、のどにも麻酔を行うかはその時によって異なります。

check

検査

検査室に移動しベルトを緩め、検査台の上に左側を下にして横になります。胃の運動を止める薬や鎮静剤を注射する場合もあります。内視鏡を鼻から挿入します。力を抜いて楽にして下さい。口を自由に動かせるので、検査中にも医師と会話することができます(経鼻内視鏡の場合)。内視鏡検査中、医師はモニターに映るお腹の中を隅々まで観察します。検査は5分から15分で終了します。

check

検査終了

検査が終わって身支度を終えたら少し休んでいて下さい。気分が悪いときや炎症があるときは、すぐに医師に伝えましょう。※思っていたより簡単だったと思われる方が大半です。

check

検査結果

撮影した画面をみながら検査の結果を聞きます。組織採取やポリープ切除を行った場合には、後日検査結果を聞くことがあります。

check

検査後の注意事項

鼻は強くかまないようにしましょう。乗り物の運転などは禁止(翌日からOK)。激しい運動は避けて下さい。お風呂はシャワー程度にしましょう。飲食は1時間後から可能です。組織やポリープを採った場合は、刺激のある食事・飲酒・コーヒーなどは2~3日避けるようにします。 医師の指示を守ってください。
※気になる症状がある時は、医師に相談して下さい。

楽な胃カメラ

Easy Endoscope

治療に何より大切なことは、早期発見です。

特にガンなどといった命の危険がある病気が深刻化してしまう原因は、発見の遅れです。病気を深刻化させないためには最低でも年に一回は定期検診を受ける必要があるのです。しかしそれはわかっていても、検査にともなう苦痛や辛さから、どうしても定期検診に二の足を踏んでしまうのではないでしょうか?吉井クリニックは、そのような方々のために、定期検診のストレスを軽減する様々な工夫を行っております。特に定期検診でもっともストレスがあるのは胃カメラかと思いますが、この検診も当院ならば苦痛やストレスをほぼ感じることなく手軽に受けることができます。

なぜ吉井クリニックの胃カメラは、苦痛もストレスもないのか、その特長を順にご紹介していきます。

特長その1 ― 先端部たった5mmの極細経鼻内視鏡

平成30年の1月から、当院は最新の極細内視鏡を導入いたしました。先端部約5mm、現在もっとも細い胃カメラであり、しかも紐や糸のようにとても柔らかい素材でできています。

検査を行う際、この極細の内視鏡を、口からではなく、局部麻酔をかけた鼻腔から挿入していくことが特長です。鼻から胃カメラを入れるため、嫌なえづきもありませんし、それどころかほとんど胃カメラを入れている感じがせずに済みます。さらに口が自由なので、検査をしている最中医師と自由に会話をすることも可能です。

経鼻内視鏡の患者様の心拍数や血圧、血中酸素濃度を調べたところ、口から挿入する従来の胃カメラよりも、経鼻内視鏡は体に与えているストレスがはるかに少ないことが明らかになっています。極度の緊張も恐怖もなければ、検査のせいで心臓に負担がかかってしまうような危険もほとんどゼロです。

point

細くても観察画像は高画質

当院では、限られた時間の中で、より精度の高い検査をするため、ハイビジョン対応の高画質CCDを搭載した最新の内視鏡を導入しております。従来の方式では、発見が困難であったかもしれない微細な粘膜構造の変化も、観察しやすくなりました。

特長その2 ― 医師の熟練の技術によって、短時間で済む

point

当院では、数多くの胃カメラ検査を行ってきた院長が検査を行います。多くの経験によって患者様が苦痛を感じるポイントなどもしっかり把握しており、何かあった時のケアなども十分熟知しています。極力不安が軽減するように「痛くないか」の確認をこまめにしながら検査を行いますので、無駄のない作業で最小限の時間で手際よく検査を行います。

特長その3 ― NBI技術を用いた、精細な診断

内視鏡検査に必要な機能をしっかりと備わっています。胃液の吸引や組織採取を行う2ミリの鉗子口も備わっており、さらに従来の胃カメラでは発見できなかった微細な粘膜構造の変化もしっかり観察できるハイビジョン対応の高画質なCCDも搭載しています。

特に注目すべきなのは「NBI」というこのカメラの画像強調技術です。

がんや腫瘍などの異常が起こった時、その初期段階では、病変近くに多くの血管が詰まりやすくなるという性質があるのですが、NBIはこの性質に着目して、血中のヘモグロビンに吸収されやすい狭帯域化された青と緑の二つの光を照射できるようになっています。すなわち青い光で粘膜表面の毛細血管が茶色くはっきりと強調され、緑の光によって深部の血管が青くはっきりと強調されるようになっているのです。

そのため従来の胃カメラでは見えにくかった血管のパターンも、NBI技術を使用することでしっかりと観察でき、そのため早い段階の非常に微細な病変も決して見逃すことがありません。

point

当院の極細内視鏡ならば、鼻から挿入する方法と医師の高い技術によって、痛みや吐き気をほとんど感じることなく楽に済ませられます。しかもNBIという最新の画像強調技術によって、がんの初期段階であるわずかな病変も見逃さず早期発見が可能なのです。

実際当院の胃カメラは多くの患者様にご満足していただいており、9割以上の経験者が次回もこの検査方法を選んでいます。がんによる死亡原因は発見が遅れてしまったケースがほとんどです。病気の早期発見のために、是非とも吉井クリニックのストレスのない最新の胃カメラを試してみてください。

point

経口内視鏡

従来からの方法で、のどをしびれさせる薬を含んで頂いた後に、口から胃カメラを挿入します。胃カメラに抵抗のない方、何回か受けたことのある方むきです。

経鼻内視鏡

鼻から胃カメラを挿入する方法で、吐き気がすくなく楽に検査を受けることができます。口からの胃カメラがつらかったので、楽にうけたい、でも麻酔まではしたくないという方におすすめです。


鼻からの胃カメラ
(経鼻内視鏡)の特長

鼻から入れる経鼻内視鏡検査は「つらくない」
という声が多く、経験者の9割以上が
「次回も鼻から」を希望しています。
胃カメラが苦手な方、胃の調子が
気になる方はぜひお試しください。

point

苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

吐き気が少ない

歯を磨くとき、奥まで歯ブラシを入れすぎたり、風邪のときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがある人も多いと思います。これは咽頭反射(いんとうはんしゃ)という、のどの反射です。口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こるため、苦痛を感じるのです。ところが、鼻から入れる場合は舌の根元に内視鏡が触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことがなく、楽に検査することができます。

検査中に話ができる

口から内視鏡を挿入する場合、口がふさがってしまうために検査をしているときは話ができません。しかし、鼻からの場合は口がフリーなので、検査をしている医師と「痛くありませんか?」「はい、大丈夫です」というやりとりができます。気になったことをその場で確認できるので、安心して受診できます。

体にやさしい

検査中の心拍数と血圧・酸素濃度について、従来の口からの内視鏡検査との違いを調べたところ、鼻からの内視鏡検査の方が体に与える負担が少なく、体にやさしい検査だということがわかりました。鼻からの検査の場合、心拍数はわずかに上がりますが、血圧の上昇はなく、酸素濃度も下がりません。ですから心臓に負担をかけることがなく、酸素不足になる危険性も少ないのです。

すぐに仕事や家庭に戻れる

鼻からの内視鏡検査の場合、鼻腔(びくう)への局部麻酔を行いますが、麻酔から覚めるのも早く、ほどなく日常生活へ復帰できます。通常の口からの場合、1~2時間は食事ができませんが、鼻からの検査の場合は検査終了後30分~60分で、水を飲んだり食事をすることができます。


内視鏡消毒器

吉井クリニックでは徹底した衛生管理を行っております。

point

日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿って、最新の洗浄消毒装置で高レベル消毒を行っています。使用後の内視鏡を高レベルの消毒機にて完全に洗い流し、残っている細菌やウイルスをすべて死滅させるための内視鏡洗浄消毒器の導入や検査で使用した内視鏡処置具を使い捨てにするなど、徹底した感染症対策をしておりますので、安心して検査を受けていただくことができます。


費用について

カメラのみ病理組織検査あり
自己負担額(3割負担として)約4,000円約8,000円

がんなどが疑われる時の病理組織検査などにより、費用に差がありますが3割負担の方で約5,000円~10,000円前後の範囲とお考え下さい。

ヘルスアップコラム

Column
胃の検査の種類を知っていますか?

胃の検査の種類を知っていますか?

健診の項目に必ず入っていると言ってもよい胃の検査ですが、代表的なのが「胃透視」と「胃カメラ」です。
胃は食べた物を溜めて消化する器官なので、どちらも検査前の絶食の必要があるという共通点がありますが、検査方法は全く違います。
ではこの「胃透視」と「胃カメラ」について説明していくので、初めて受ける方はどのような検査なのか知っておきましょう。

胃透視とは

よく「バリウムを飲んで検査する」というのがこの胃透視に当たります。
バリウムは造影剤の一種で、胃に溜めた状態で体の向きを変えながらX線を照射して胃の撮影をする検査を指します。
バリウムの流れ方が観察出来るので、実際の食道や胃の動きが分かるというメリットがあります。
ただ胃透視にはデメリットも多くあります。
経験した人が口をそろえて言うのが「バリウムが飲みにくい」ということ。
ひと昔前よりは味が改善されているものの、美味しい飲み物ではありません。
次に検査中のゲップを我慢する必要があるので、この部分に苦手意識がある人も多いようです。
またバリウムはお腹の中で固まってしまうので検査後に下剤を飲む必要がある・放射線被曝があるという手間や問題もあります。

胃カメラとは

胃カメラは、口または鼻から小さなカメラのついたチューブ(内視鏡)を挿入し、胃だけではなく食道や十二指腸の表面を直接観察・撮影する検査方法です。
胃の粘膜の状態を詳しく観察することが可能なので、胃透視検査で引っかかった人の再検査に使われることもあります。
こう聞くと、胃透視よりも胃カメラのほうが正確に検査出来るのではないかと思われますが、この胃カメラにもデメリットはあります。
胃カメラの最大の難点として、胃カメラ経験がある人がよく口にすることが挿入する時の苦痛です。
この難点に対して、鎮静剤を使用する・鼻からの挿入(経鼻)を選択できる施設が増えてきました。こちらは当院でもご対応しております。
また、近年では胃カメラによる胃癌の手術も可能であり、内視鏡の著しい発達とともに胃カメラは検査だけではなく治療としても注目されているのです。
健診の項目に、胃透視または胃カメラのどちらかを選択している企業や施設がありますが、
もし自分で選ぶことが可能であれば自分に合った方法で受けることが出来れば良いですね。
どちらの検査方法にもメリット・デメリットがありますが、難点を改善する方法も発達しています。
ひと昔前よりはどちらも随分と受けやすい工夫がなされていますので、怖がらずにぜひ検査を受けてみましょう。

胃カメラ検査のすすめ

胃カメラ検査のすすめ

胃ガン早期発見の重要性

胃ガンは、早い時期には自覚症状がほとんどありません。
また、ある程度進行しても症状を感じない場合もあります。
しかし、胃ガンの発見が遅れると治療も長期化し困難になります。
最悪、命の危険に曝されるもあります。
例えば国立がん研究センターによると2006~2008年に胃ガンと
診断された人のうち進行度の低いステージ1で
発見された場合の5年相対生存率は98.1%ですが、
進行度の高いステージ4になると7.3%となっています。
そのため、胃の不調を感じなくても定期検診を
受けて早期の発見に努めることに大きな意義があります。

胃カメラ前日の食事

胃カメラ検査をする際の前日の食事などについて
注意していただきたいことをご紹介します。
万が一、その準備が不完全で、胃カメラを
再度やり直しということになれば、時間も費用も無駄になってしまいます。
検査前日および当日まで、胃カメラに対して万全の準備をすることで、
正確な検査が可能になります。
前日の夕食は検査が午前中の場合、夜7時から8時、
遅くも9時までに終えるようにしましょう。
検査の12時間以上前に済ませるようにします。
食事は消化の良いものを中心に、軽く済ませます。
食物繊維や脂質の多い食事は消化に時間がかかるので避けてください。
検査の時に胃の中に消化できていないものがあると精密な検査ができません。
また、万が一、食中毒になる危険を考えて生ものは食べないようにしましょう。
当日お腹が痛くなったり気分が悪いなど体調不良だと検査に差し障りがあります。
アルコール類も控えましょう。
飲酒すると検査時の麻酔の効き目が悪くなることがあります。
コーヒーや紅茶などカフェインを含むものなど
胃に刺激を与えるものも飲まないようにします。
タバコもニコチンが唾液に溶けて胃の粘膜を覆うと検査に支障があります。
検査当日はもちろんのこと前日も控えたほうがいいでしょう。
前日の食事としては軟らかめのご飯やうどん、白身の魚、鶏ささみ、
豆腐、大根など消化のいいものを食べるようにしてください。
逆に、繊維質の多い野菜やキノコ、揚げ物、
トウガラシや胡椒など刺激の強い物は避けます。
飲み物は、水、白湯、スポーツドリンクなどで補います。
常備薬など飲まなければならない薬がある場合は、
事前に病院で相談して指示を受けましょう。
軽めの食事を終えたら、十分睡眠をとるなど次の日に備えて体を休めましょう。
当日は、基本的に水以外すべて、口に入れるものは禁止です。
あまり活動しないでゆったりとした気持ちで検査に臨めるといいですね。
水も大量に飲むと胃に溜まって正確な検査ができなくなります。
喉の渇きを押さえる程度にします。

検査後の食事

検査終了後、体を休め、1時間後から食事ができます。
組織やポリープをとった場合は刺激のある食事や飲み物、
飲酒は2~3日控えるようにしましょう。
最近は技術が進んで、胃カメラの苦痛や辛さはずいぶん軽減されています。
リラックスして検査を受けましょう。

苦手な胃カメラを克服する

定期的な健康診断を苦手に感じている方も多くいらっしゃると思います。
痛みを伴うマンモグラフィーや検査後に腹痛が起きる胃のバリウム検査、もう二度とやりたくないと言われる方も多い胃カメラなどは、できれば受けたくない検査の代表格ではないでしょうか。
そうはいっても、病気の早期発見のためにも、定期検診は受けておきたいもの。
できれば苦痛や痛みもなく検査を終えたいですよね。
多くの方が苦手意識を持たれている胃カメラですが、ここ数年の間に「経鼻内視鏡」と呼ばれる鼻から挿入する胃カメラが比較的楽に受けられるとのことで、胃の検査の際に、経鼻内視鏡を選ばれる方も増えてきました。実際に経鼻内視鏡とはどういったものなのでしょうか。

本当に楽なの?

「本当に楽なの?」ほとんどの経鼻内視鏡未経験の方がそう思われていると思います。
それぞれの方によって感じ方に違いはありますが、「本当に楽なのか?」という問いに対しては「YES」だと思います。楽な理由のひとつめは、カメラの挿入ルートにあります。
口から挿入する内視鏡では、オエッとなる嘔吐感が大きな苦痛のひとつでした。
この嘔吐感は、内視鏡が舌の根元に当たってしまうことにより起こる症状なのですが、経鼻内視鏡ですと舌の根元を通らないため、嘔吐感が生じません。
そして、もうひとつの理由は、内視鏡のサイズです。
およそ5ミリと細くしなやかになったことにより、挿入も楽になりました。
また、口が自由なため、検査中に医師と会話をすることも可能ですので、不自由があれば伝えられるという安心感もあります。

痛みや出血は大丈夫?

どんなに極細のカメラであっても、体に異物が入ることに変わりはないため、人によっては違和感を感じる方もいらっしゃいます。
痛みに関しては、鼻部分に局部麻酔をして行うため、これまでに経口内視鏡でつらい思いをされた方ほど、楽に感じられるようです。
鼻の中の形やスペースは人によって違いがあるため、鼻の中が狭い方の中には、カメラが通る際、粘膜に触れることにより、痛みや出血を生じる方もいらっしゃるようです。
統計によると、実際に出血される方は、50人に1人とも言われており、局部麻酔で体への負担も少ないため、次回の検査でも経鼻内視鏡を希望される方が多いようです。

経口と経鼻、詳細な検査を必要な場合には、より大きなサイズのカメラが挿入可能な経口内視鏡が推奨されるようですが、これまで胃カメラは苦痛を伴うと敬遠していた方も、もしかすると経鼻内視鏡で苦手を克服し、快適に胃の検査を受けることができるかもしれません。
次の健康診断の際、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。