人間ドック 検査の流れ

人間ドックで病気を早期発見し元気に長生きし、快適な生活を送りましょう。

人間ドック 検査の流れについて

Flow

check

受付・問診票の記入

受付後、問診票を記入していただきます。これから受ける検査をより正確なものにするため、詳細に書いて下さい。

check

着替え

更衣室にて検査着に着替えていただきます。義歯やコルセット、時計・メガネ等は外して下さい。口紅も取って下さい。

check

身長・体重・視力測定

身長や体重、視力などを測ります。眼圧・眼底検査を行います。

check

心電図

手首、足首、胸に電極を付け、心臓が収縮を繰り返すときに発する電気刺激を、波形として記録する検査です。同時に心拍数の測定も行います。

check

血圧測定と採血

血圧の測定と採血をします。

check

胸部X線

レントゲン機器に抱きつくような姿勢になり、肺の撮影をします。 撮影自体はほんの数秒で終わります。

check

胃部X線検査

炭酸とバリウムを飲み、専用の検査機器に乗って細かく撮影を行います。ほかの検査とは違って受診者様が動いたり、機械が大きく動いたりします。 その都度、声をかけさせていただきます。
※内視鏡検査のどちらかを選択していただきます。

check

内視鏡検査

鼻から胃カメラを入れます。極細の胃カメラなので苦痛が少なく、吐き気も少ないです。
※胃部X線検査のどちらかを選択していただきます。

check

腹部エコー

ベッドに横になった姿勢のまま、腹部エコーの検査をします。

check

問診・視触診・聴診

医師の問診を行います。

check

診察・結果

レントゲン映像を見ながら検査の結果を説明いたします。ほかにも生活習慣や今後の健康についてなど、アドバイスなどもさせていただきます。

check

検査結果

後日、血液検査などの検査結果を郵送させていただきます。

point

医師からメッセージ

人間ドックの目的は、病気やその兆候を早期に発見して有効な対策を取ることです。これまで健康に問題がなく、細かい検診を受けたことがないという方の中には、人間ドックは怖そう、痛そう、時間がかかりそう…というマイナスイメージを持っておられる方が多いと思います。 しかし実際に受診された方の多くは、以外に簡単だった、想像よりも早かったという声がとても多いです。全身の健康状態をチェックし、何か問題が見つかった場合にはピンポイントで精密な検査を受けていただくという流れをおすすめしています。数多くの方々の健康をともに確認し、喜び合えればと考えております。

人間ドックについて

詳しくはコチラへ

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム