AGA遺伝子検査

AGAになりやすい体質か
どうかを予測する検査

AGA遺伝子検査

aga dna

この検査をすることで、治療方法を決定したり、早期に治療を開始したりする目安になります。 AGAは、早期に治療を開始することで、進行を防ぎ、治療の効果も一層期待できるので、遺伝子検査で、リスクを予測することは、とても重要といえます。AGA遺伝子検査は、脱毛を起こす男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかを遺伝子により診断する検査です。 男性ホルモン(アンドロゲン)は毛根細胞の受容体によって受け取られます。アンドロゲン受容体遺伝子には特定の塩基配列が繰り返し存在する領域があり、 この領域が短い人では、AGAが発症しやすい傾向にあることがわかってきています。

AGA遺伝子検査で分かること

・遺伝子レベルでAGA発症リスクを予測
・プロペシアによる治療効果の予測

遺伝子検査結果の判定基準

CAGとGGCという塩基配列が繰り返される領域の長さで、 男性ホルモンに対する感受性を予測することができます。

point

塩基配列が短い場合:

男性ホルモン感受性が高く、AGA発症リスクが高いと考えられます。プロペシアによる早期治療開始が望まれます。

塩基配列が長い場合:

男性ホルモン感受性が低いため、AGA発症リスクは低いと考えられます。しかし発症する可能性は全くゼロではありません。 脱毛には様々な要因が考えられます。発症した場合は、プロペシア以外の薬剤との組み合わせや、HARG療法などによる治療の選択が望ましいと考えられます。

検査費用18,000円

※価格は税抜き価格となります。

ヘルスアップコラム

Column
AGA遺伝子検査

AGA遺伝子検査

男性のヘアスタイルも年々バラエティに富んで注目される傾向にあります。
しかし、髪の毛が少なくなってきたら、思ったような髪型を
決めることが上手くできません。
なるべくなら豊かで健康的な髪の毛をずっと持ち続けたいものです。
最近では、薄毛に対する研究が進んで、
AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査をすると、
脱毛のリスクを予測することができるようになりました。

遺伝子検査とは

そもそも遺伝子検査とは、その人の持つ特定の遺伝子を調べることによって、
先天的体質や病気のリスクなど遺伝的傾向を知る検査のことです。
解析技術が進んで、簡単で低価格、短時間の検査で肥満遺伝子、
薄毛、肌質に関係することなど、様々な傾向を知ることができることから
新しい病気の予防法としてとても身近なものになりつつあります。
自分の罹りやすい病気を知ることによって、生活習慣に気を付けたり、
予防するための対策を早めにとって将来にわたって
健康的な生活を過ごせることを目的としています。

髪の毛を大切に感じている男性へ

男性型脱毛症は、女性の薄毛に比べて、遺伝が関係するとよく聞きます。
祖父がはげていたからゆくゆく心配と密かに思っている男性もいらっしゃるでしょう。
今は髪の毛に対してあまり心配事はないけれど将来に向けて不安を感じている人もいるはずです。
もちろん最近、抜け毛が増えて、髪が薄くなったと実感している男性もいらっしゃるでしょう。
そんな方におススメなのがAGA遺伝子検査です。