ヘルスアップコラム

1日2019年4月
三寒四温の過ごし方

三寒四温の過ごし方

少しずつ春の気配を感じ、梅の花もきれいに咲いてきましたね。
今年の桜情報もちらほらと聞かれるようになってきました。
進学や転勤など変化も多いこの季節、病院に行くほどではないけど、
ちょっと調子が悪いなと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

三寒四温とは?

寒さがゆるんできたなと思うと急にまた寒くなる、
このように寒さと暖かさが短い周期で交互に続く気候を「三寒四温」と呼びます。
文字通り、3日寒い日が続いた後に、4日暖かい日が続くという意味です。
この不安定な気候の時期は、風邪をひきやすいだけでなく、
気分の落ち込みや不眠、イライラなどの心の不調として現れることもあります。
この時期の不調は、冷えが原因で起っていることが多いと考えられています。
体は、気温が上がった暖かい日は、身体に熱がこもらないよう、
血管を拡張させて熱を体外へ発散させます。
しかし、その後、急に寒くなった場合は体が対応できず、
体内にある熱が逃げてしまい冷えを引き起こします。
この時期の心の不調は、体の冷えによる自律神経の乱れで、とても自然な体の反応です。

快適な過ごし方

三寒四温の季節の過ごし方で一番大切なことは、体を冷やさないこと。
外出の際も、気温によって調節できるよう、
着脱ができる重ね着をするといいでしょう。
マフラーやストールをうまく使ってもいいですね。
外出中に体が冷えてしまった時には、就寝前に湯船に入って、
ゆっくりと体を温めてから休むことをおすすめします。
また、睡眠不足は自律神経の乱れを悪化させ、思考も不安定で散漫になります。
なるべく早めの就寝を心がけたり、リラックスする時間をつくるなど、
日常の中でもちょっとした工夫が快適さに繋がります。

体を温め、夜はゆっくりと休み、何もしない休日をつくるなど、
リラックスしてこの時期をお過ごしください。
桜の季節ももうすぐですよ!

最近の記事

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム