ヘルスアップコラム

5日2018年12月
健診は生活習慣改善のチャンス

健診は生活習慣改善のチャンス

職場の健康診断や地方自治体から健診の案内が届くと、秘かにドキッとする人は少なくないでしょう。
健診の前日または2、3日前に飲酒を控えたり、暴飲暴食を避ける心がけをするという人が周りにいませんか?
体重減、コレステロール値が多少下がるなどの微々たる変化は認められるかもしれませんが、大きな変化は期待出来ないのが事実です。
ただ健診前になると良い結果を出したくて生活習慣を改善しよう!と意識することは悪いことではありません。
健診前の時期を毎回ドキドキしながら過ごすよりも、いつも通りの生活習慣で前回よりも良い結果を得たいと思いませんか?

健診前に注意しても効果は期待できません

例えば、血圧を気にしている人が健診2、3日前に塩分を控えた食事を摂ったとしても、当日の血圧値がすぐに下がるわけではありませんよね。
また血糖値に関しても当日の血糖値が低くても、数カ月前からの血糖状態が分かる採血の検査項目などもあるのです。
これらのことから健診前に慌てて生活習慣の改善を試みても、大きな変化なく終わってしまうということに注意したいものです。
健診前に健康を意識した生活を送ることが出来るならば、ぜひそれを普段の生活に取り入れてみませんか?

計画的に生活改善を

健診の時期をゴールとして、3カ月~半年前から計画的に生活習慣を改善していく例を挙げます。
・飲酒の頻度を減らす
毎日の飲酒を2日に1度・3日に1度に減らしてみましょう。
難しければアルコールの量を減らすという風に、自分に合った方法を探すことが大切です。
・腹八分目の食事量
毎食お腹いっぱいに食べてしまうのを止められないのなら、お茶碗を一回り小さなものにする・品数を一品減らすなどの工夫をしてみましょう。
・徐々に運動習慣を身に付ける
最初は週1回のウォーキングから、週2回・3回・・・というように回数を増やしてみましょう。
運動はハードルが高いと感じても、習慣にしてしまえば逆にしないほうが気持ちが悪くなるものです。
・早寝早起きを心がける
毎日5分でも10分でも早く就寝するという意識を持ちましょう。
早めの就寝は翌朝の目覚めの早さにつながります。

以上のような生活習慣の改善にさっそく取り組んでみましょう。
一気に始めようとせずに徐々に目標を高くしていくことがポイントですよ。
規則正しい生活習慣が身につけば、健診結果を待たずとも自分の体の変化に気が付くはずです。
健診を生活習慣改善の絶好のチャンスととらえて、毎日の生活を健康的に送りましょう!

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム