Snow Cell

肌に潤いと美白効果

スノーセル

Snow Cell
toxpeel

Snow White Cellは、 肌に潤いと美白効果を持続させ、更に傷んだお肌の再生力を増大し、お肌のトーンとキメを美しく整える効果があります。
※新製品Snow Queen Cellは、シミを改善する効果、ビタミンAが加わりました。

toxpeel

point

シワ

上皮細胞の成長を促進と線維芽細胞数を増加で、シワの改善が出来ます。

弾力&リフティング

:お肌自体の再生能力を活性化させ、お肌の弾力性をアップして、お肌のキメを改善して毛穴を縮小させます。

美白

メラニン色素量を減少および抑制させ、お肌のトーンを持続的に明るくてきれいに維持させます。

保湿

自己分子量の300 ~1000 倍に達する水分と結合してお肌の保湿効果があります。

シミ

NEW Snow Queen Cell は、メラニン色素を減らす効果でシミなどを改善させてくれます。

check

①お肌の再生効果:PDRN

PDRNとは?
PDRN(ポリデオキシヌクレオチド)は、サーモンのDNAのことで、成長因子を持続的に生産出来るように刺激して組織を再生させるのに役に立ちます。皮膚の再生能力を活性化して皮膚内の環境を改善させて、皮膚構造を復元させることで、また弾力があって健康な皮膚に戻す効果があります。先発品の白雪注射と同様アラスカ産サーモンのDNAから抽出されたPDRNが配合されており、このPDRNには、成長因子を増やす作用があり、体の若返りなどの促進します。(美肌や育毛促進としても使われております。)※サーモンアレルギーの方は、Snow White Cellも含め、ご使用にならないでください。

②保湿:ヒアルロン酸(非架橋)

ヒアルロン酸は、PDRNとの相性がとてもよく、肌の保湿力をグンと上げ、相乗効果を取り入れることが出来ます。

③美白効果:グルタチオン

メラニン色素の生成を持続的に抑制してくれる還元型Glutathione(GSH)が配合されていて肌のトーンを明るく維持してくれる効果があります。Snow White Cellは特許されたRedox Coating Technology工法を使用して還元型Glutathione(GSH)形態をより効果的に維持させることでPDRNと共に持続的な肌の美白効果を維持させます。

④シミの改善:ビタミンA

ヒアルロン酸が減少したり、メラニンが過剰発生したり、コラーゲン、エラスチンが減少するといった兆候は、これまで肌の老化症状だと思われていましたが、実はすべてビタミンA不足が原因。肌の健康を保つために、ビタミンAは必要不可欠な存在です。またビタミンAの一種である『レチノール』は、皮膚表面と中に存在していて、紫外線防止剤としての役割を果たしています。更に、ビタミンAは,肌バランスの機能を正常に保ち、免疫と炎症の改善をサポートし、更にメラニン色素の供給をコントロールしシミを軽減する働き、コラーゲンの生産を促進する働き、皮膚細胞の働きをコントロールする働きなどを担っています。Snow Queen Cellは、RCT工法と共にレチノイン酸誘導物質のTA(Tocopheryl Retinoate:all-trans-retinoic acid(ATRA)の誘導物質)を使用しているので、副作用もなく優秀な効果があります。※Snow Queen Cellは、シミを改善する効果、ビタミンAが加わりました。※レチノール酸アレルギーの方は、Snow White Cellをご使用ください。

よくある質問

check

施術の間隔はどのくらいですか?

通常は3~4週に1回ずつ、肌の調子によって調節することができます。

何回くらい施術する必要がありますか?

通常は4回が1クールです。

施術の効果はいつから現れますか?

施術後2~3日から肌の変化を感じられます。

痛みや副作用はありませんか?

痛みは少なく、純粋な自然原料なので、副作用はほとんどありません。

日常生活に支障はありませんか?

個人差はありますが、施術直後の日常生活には支障ありません。

施術時間はどれくらいかかりますか?

施術部位や面積によって違いますが、普通は30分くらいかかります。

施術後注意しなけらばならない点は何ですか?

施術後サウナや激しい運動は控えてください。また、日焼け止めや保湿クリームを塗って下さい。

※妊娠や授乳中の方、サーモン及びレチノール酸アレルギーの方は、施術を受けられません。

ご予約フォーム

Contact form

WEB予約

当日または翌日のご予約はお電話にて承ります。
健診・人間ドック予約はリンク先へ >>>





ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム