吉井クリニック

低容量ピル

女性が自ら避妊を選択するもっとも有効な手段はピルの服用です。

1999年に日本で認可された低用量ピルは、ホルモン量が以前のピルに比べ少ないため、副作用も少なく安心して使用できるお薬です。

また、低容量ピルを使用することで下記のような副効果を期待することもできます。

副効果

  • 月経周期が規則正しくなる。
  • 生理痛の緩和
  • 月経量の減少
  • 卵巣嚢腫、子宮外妊娠の減少
  • ニキビや多毛の改善
  • 月経前症候群(生理前の不快な症状)の改善   など。

但し、以下のような方は、使用できないこともありますので、
初回には診察や血液検査、乳癌検診、子宮癌検診をお勧めしています。

  • 35歳以上でヘビースモーカー
  • 乳癌、子宮癌の疑いのある人
  • 重度の肝障害がある人
  • 血液凝固異常のある人