ミルテル検査

最先端疾患早期発見!!
未病検知のための検査です。

ミルテル検査とは

Mirtel

広島大学発のエビデンスに基づいた最先端疾患早期発見、未病検知のための検査です。
ミルテル検査では、「テロメアテスト」と「ミアテスト」を実施しています。「テロメアテスト」では、テロメアの長さを測定することにより「遺伝子の強さ」と「遺伝子の疲労度」を判定し、疾患にかかりやすい状態かどうかを知ることができます。未病状態で生活習慣改善することにより、発病を未然に予防すること目的とする検査です。「ミアテスト」は、疾患の超早期発見を行うための検査です。血液検査のみですので体に負担をかけず、病気の超早期発見が可能な検査です。

世界初の「未病検知検査」(テロメアテスト)と疾患早期発見検査(ミアテスト)の組み合わせは、健康長寿のための「最先端健康長寿プログラム」です。たった5mlの採血のみで検査することができます。もちろん、それぞれ単独で検査を受けていただくことも可能です。


テロメアテスト

テロメアテストは、染色体の末端部分のテロメア配列の長さを測定する検査で、「テロメア全体の長さ」と、「Gテール」と呼ばれる末端の一本鎖部分の長さの、2つの長さを測定する世界オンリーワン検査です。「テロメア」は、遺伝子であるDNAの端にある特殊なDNAで、細胞分裂するたびに短くなります。生まれつきテロメアの長さには個人差があります。

ミアテスト

ミアテストは、病気になった細胞から出てくるウイルスのような粒子(エクソソーム)に含まれる「マイクロRNA」という遺伝子を検出することで、疾患の超早期発見を目的とした検査です。血液検査のみで体に負担をかけず、病気の超早期発見が可能です。乳がん、すい臓がん、アルツハイマー の疾患をはじめ、男性14種類、女性15種類の疾患の検査をすることができます。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム