ヘルスアップコラム

05日2018年7月
その熱中症対策は正しいですか?

その熱中症対策は正しいですか?

初夏から梅雨明けや真夏にかけて、連日のようにかかる危険性の高い熱中症。特に子供や高齢者に警戒を呼びかけられていますが、いつでもどこでも誰にでもその危険はあります。
熱中症にかかった時の対処法も大切ですが、日頃よりしっかり対策することで暑さに負けない体作りをする必要があります。
未然に熱中症を予防するためにも、正しい対策を知っておくと気を付けて生活することができます。
ただなんとなく水分を摂っておけば良いと思っていた人も、基本やポイントをしっかりと押さえて役立てましょう!

熱中症対策の基本

・暑さに負けない体作り
規則正しい生活を送ることができていますか?
不規則な生活は、暑さに負けない体を作れずに熱中症を招く原因となります。
バランスの良い食事を心がけて、しっかりとした睡眠を取って丈夫な体を作ることが大切です。

・水分の摂り方
のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を摂る習慣にしましょう。
おすすめの飲み物はスポーツドリンクです。
スポーツドリンクは塩分や糖分が含まれているので、水分の吸収がスムーズに出来ます。
また汗で失われた塩分の補給が出来るので、暑い季節には最適な飲み物です。

・室温調整
暑い季節のエアコンなどの使用を、電気代を気にして我慢していませんか?
重度の熱中症になると、それ以上のお金がかかってしまいますよ。
エアコンと扇風機を併用して、効果的な室温調節を行いましょう。
特に、睡眠中に熱中症にかかることもあるので注意が必要です。

・日差しを避ける
暑い季節の外出時には、帽子を被る・日傘を差すなどをして直射日光を避けましょう。
なるべく日かげを選んで歩くなどの工夫も大切です。

・正しく冷やす
冷却シートや氷枕などの冷却グッズを大いに利用しましょう。
首元や脇の下などの太い血管が表面近くにある所を冷やすと、効率よく早く冷やすことが出来ます。

生活習慣病の人は注意が必要

熱中症対策で大切な水分摂取ですが、糖尿病や高血圧などで塩分制限がある人は注意が必要です。
一般的にはスポーツドリンクが推奨されていますが、上記の人には当てはまりません。
スポーツドリンクには糖分と塩分が含まれているので、多量に摂取すると高血糖になる恐れがあります。
ペットボトル500mlあたり、20~30gの糖分が含まれているのです。
同じく塩分も500mlあたり約1g含まれているので、塩分制限のある人は飲み過ぎに注意が必要です。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム