ヘルスアップコラム

25日2018年5月
三日坊主にならないウォーキング

三日坊主にならないウォーキング

生活習慣病予防のために運動不足を解消したい人は多いことでしょう。ハードなスポーツよりも取り組みやすい運動は、何と言ってもウォーキングですね。ウォーキングは歩き始めて20分辺りから脂肪燃焼が始まるので、20分以上でダイエットに効果的だと言われています。簡単そうに見えるウォーキングですが、20分以上歩く、効果的な歩き方をしなければ・・・と力んでしまうと、三日坊主になり挫折してしまう人も少なくありません。時間や歩き方よりも、まずはウォーキングを継続させることが大切です。

では三日坊主になること無く、続けるにはどうしたら良いのでしょうか?

続けることが大切

「ウォーキングは20分以上行わないと意味が無い」という言葉にとらわれていては、挫折しやすくなってしまします。
20以上を目標にして、まずは10分でも良いとハードルを下げましょう。10分でも続けることの方が大切なのです。
「10分が3日続けば30分歩いたことになる」と少しずつで良いので、続いたことに自信をもてるようになります。
徐々に時間を延ばして、20分以上を目指すといった計画にしましょう。ウォーキングをする時間を決めて、習慣化させるとなお良いですね。
まずは時間にこだわらずに続けることに重点を置いて、力まずに取り組みたいですね。

ウォーキングを続けるコツ

ウォーキング時間の他にも、続けられるコツを散りばめましょう。
・コースを変える
同じコースではどうしても飽きてしまうので、毎回違うコースを試してみましょう。いろいろな新しい発見があると、楽しく感じることができますね。
・万歩計やアプリの利用
歩数、距離、消費カロリー、平均速度など客観的な数値を見ると、モチベーションアップにつながります。ゲーム機能が付いたものだと、目標になっておすすめですよ。
・誰かと一緒に行う
誰かと話しながらウォーキングをすると、気付けば意外と長距離になっていたりするものです。途中で辛くても励まし合えますし、ライバル意識を持って取り組めるのはないでしょうか。

以上のように、ウォーキングを続けるコツは楽しいと思えることが大切です。楽しい時間を過ごすうちに、いつの間にか運動不足を解消できたとしたら一石二鳥ですね。最初から高い目標を目指すことが、挫折を繰り返す原因なのです。

ウォーキングが習慣化して今度は、どのような歩き方や速度であれば効果が上がるのか、という次のステップへ進むと良いですね。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム